活動日誌

2015年日本平和大会in富士山

 10月31日から11月1日の、二日間日本平和大会。1200人が全国から集いました。
 東富士演習場は着弾地への立ち入りが制限され、演習場の現場を見ることができず残念でしたが、多額の交付金での観光施設とされる自衛隊宣伝施設(ここも中に入れずバスの中から)や、御殿のような民家を見ることができました。
 開会集会で「戦争をさせない1000人委員会」の事務局長代行の清水雅彦日本体育大学教授が「国民連合政府」の提案に触れ「5月の段階では、共産党と手を組まなかった民主党を国民が突き動かした。しかし、まだ民主党は共産党の提案に消極的。これは国民への裏切りだ」と訴えておられたのが印象的。
 イ・ミヒョン韓国・参与連帯平和軍縮センター所長は「70年前の不戦の誓いを守れ!平和のメカニズムを発揮し、覇権争いを拒否しよう。市民社会の声こそ」と訴え。
 
 全国の運動交流、沖縄との連帯と交流が行われました。

 夜の交流会では、沖縄の代表の方と交流することができました。

 2日目は、第6分科会、「国民の暮らしと日米安保体制の関係は」という分科会に参加。戦後アメリカの対日政策の下、自民党の政策がどう変遷し、新自由主義へと進んできたのか詳しく報告されました。続いて、農業青年、業者、医療労働者から、TPP、消費税増税、社会保障切り捨て等の現状報告があり、討論となりました。
 私も、9月市会閉会本会議で「安保法制白紙撤回を求める意見書」を共同提案したことや、規制緩和のなか、京都の中小業者の現状なども報告し、来年2月の市長選挙支援の呼びかけも行い討論に参加しました。

 閉会集会が御殿場中央公園で行われ、その後御殿場駅までデモ行進です。この時点で、スマホの電池がなくなりデモの写真がありません。

(更新日:2015年11月02日)

議会報告会開催!

 山ノ内の三条通りに面した喫茶店で10月24日、地元山ノ内の方30人ほどが参加し「府市政報告会」を開催しました。議会に送っていただいて半年。経済総務委員会や、決算特別委員会局別質疑、市長総括質疑で取り上げたこと等、パネルも使い報告させていただきました。
 特に、市長総括質疑では、「中小企業は京都経済の主役。下支えする」と言いながら事実上の切り捨ての現状になってることを、商店街や、伝統産業の現場の生の声を突き付け質し「中小企業振興基本条例」の制定を求めたこと等報告しました。
 地域の様々な要求がだされ、また「マイナンバー」実施にあたっての不安の声や要望、疑問なども出していただき内容の濃い「つどい」になりました。かみね史朗府会議員から「国民連合政府」の提案の報告があり、「野党は協力を」と強く望まれている事を実感しました。
 西院小学校の、議会報告会でも「パネル」を使いましたが、会場が大きく、後ろのほうは見えていなかったでしょう。すみませんでした。
多数のご参加ありがとうございました。
 西院小学校では、井上哲士参議院議員、大河原たかとし参議院京都選挙区予定候補とともに訴えました。

(更新日:2015年10月25日)

お祭り日和を満喫!

 楽西洛中健康まつりと山ノ内の山王祭を掛け持ちしました。午前中は、洛西洛中健康まつりでお餅つきです。かとう広太郎さんも参加されみんな大喜び!私も張り切って餅つきに力が入りました。
 午後は、山ノ内山王まつりで神輿巡行。3年前に復活した「姫神輿」。今年は中国人留学生も多数参加し、国際交流ができました。一日ホントにお祭りを満喫し、神輿巡行ではたくさんのお接待でお腹もいっぱいに。

(更新日:2015年10月18日)

  今日は午後、マイ宣伝カーで精華町へ(自転車ではありません)
 精華町を、宣伝カーで走り回り、急いで山王神社の宵宮祭りへ。
 明日の、神輿巡行を前に、落語あり、歌あり、ブラスバンドあり神社内の特設ステージを前に大いに盛り上がっています。
 年々盛大になっています。


 

(更新日:2015年10月17日)

祭りだ!「ホイットー!政治を変えよう!」

 10月11日の日曜日。明け方激しく降った雨も上がり、祭り日和のこの日、春日のお祭り、神輿巡行へ。
 巡行前の宴席。神輿袢纏、晒や褌姿の男衆に囲まれて「山田さん。おめでとう。議員の仕事は大変ですやろう」等と声がかかり、おのずと政治談議に。
 9月市会で、プレミアム商品券の補正予算や、マイナンバー制度、税制、商店街の現状や、伝統産業振興、融資制度など質疑したことを報告し、さながら議会報告会に。
 プレミアム商品券では、個人商店や食品スーパ、コンビニ店長、大型店内の専門丹など30件余りを回り現状をお聞きし「消費喚起に役立っていない」と質しました。、マイナンバーでは中小企業の事業主等からお聞きした不安の声、社会保険労務士さんから「情報は必ず漏れる」など具体的な現場の声を突き付け実施の延期中止を求めました。
 税制では応能負担の原則で負担能力のある大企業に応分の負担を求め、生活困窮者への差し押さえを中止するように求めし質しました。伝統産業者、商店街の現状も示し支援を求め、制度融資も銀行窓口にしたため、支援が必要な中小業者に融資されない現状を示し、実態調査と必要な施策を求めたこと等報告させていただきました。
 いずれの問題でも、現場をを見ない答弁で、プレミアム商品券は「ついで買い等消費喚起に役立った」「マイナンバーのセキュリティーは万全。市民の利便性に役立つ」。友禅の製造出荷額は、製造単価の急激な下落で最盛期からわずか2.6%と、壊滅的な落ち込みになっている事に向き合わず.「物作り京都の実力を生かす絶好のチャンス。海外に京ブランドを売り出す」。大型店出店に加え、消費税増税で消費が冷え込み廃業が続く小売商店の現状を見ず「商店街は様々なメニューで支援し、京都の商店街は他都市と比べ健闘している」。融資実績の減少は「景気が回復し融資需要が減少している。適切な支援を行っている」と現場の実情を見ようともしない京都市政に怒りがこみ上げます。
 神輿巡行中も、たくさんの方から声がかかり、対話となり、「市長選挙、参議院選挙頑張って、政治を変えよう」と話が弾みました。

(更新日:2015年10月12日)

Page 16 of 20« First...10141516171820...Last »